弁護士ブログ
刑事事件を中心に、一般の民事事件や会社法務など様々な事件に取り組んでいます。

高松まつり総おどり「二番丁魂連」

高松まつり総おどり

今年も二番丁地区コミュニティ協議会から「二番丁魂連」として参加しました。

今年で10回目の出場。

二番丁おやじ会,おかみの会,二番丁地区体協のメンバーを中心に,二番丁地区の地域の皆さん,新番丁小学校の先生や児童,みんなで楽しく踊りました。

私も,二番丁おやじ会会長,二番丁地区体協会長として,みんなと一緒に踊りました。

ありがとうございました。

盗撮事件等を起こしてしまった場合

最近,盗撮をしてしまった人からのご相談が増えています。

スマートフォンの広がりとともに,カメラや動画アプリを使って簡単に撮影できるようになってきたのも原因のひとつでしょうか。

盗撮行為は,香川県迷惑行為等防止条例違反となり,6月以下の懲役又は50万円以下の罰金(常習として行った場合には,1年以下の懲役又は100万円以下の罰金)という罰則が定められています。児童ポルノ等の写真・動画の内容によっては,「児童買春,児童ポルノに係る行為等の規制及び処罰並びに児童の保護等に関する法律違反」で処罰されることもあります。

このような事件で逮捕された場合には,特に,出来るだけ早く弁護士に相談してほしいと思います。その後の対応によって結果が大きく変わる場合が多いからです。

まずは出来るだけ早く,弁護士が本人と面会(接見)します。逮捕された本人もご家族も突然のことで不安でいっぱいでしょうし,お互いの連絡も取れない状態です。出来るだけ早く面会して本人の精神的な不安を取り除くとともに,ご家族との連絡なども弁護士を介してする必要があります。

そして,一刻も早く,釈放してもらうような弁護活動を行います。勾留がされないよう検察官と交渉したり,裁判官に勾留請求を却下するように申し入れしたり,勾留が認められた場合には準抗告などの不服申立手続きを行ったりします。とにかく,スピードが大事です。

また,被害者との示談を進めたり,再び事件を繰り返さないための環境整備を進めます。事件を起こしてしまった動機・原因(例えば,会社でのストレスなど)を確認し,今後の対策,例えば,今後の指導監督,家族の連携について話し合い,必要があればカウンセリングや病院への受診などの医学的なアドバイスも受けてもらったりもしています。

当事務所では,これらをはじめ様々な弁護活動を通じて,最終的に,不起訴処分(起訴猶予)や罰金での処分となるように全力でサポートします。
まずは,出来るだけ早く,ご相談ください。

二番丁地区夏まつり

二番丁地区コミュニティ運営協議会が主催する地元の「第29回二番丁地区夏まつり」の実行委員長を担当させていただきました。

当日は,焼きそば,おでん等の食バザーやウルトラクイズ,もち投げなど地域の皆さんと楽しく過ごしました。

二番丁地区体育協会会長や二番丁おやじ会長などもつとめ,地域に密着した弁護士としての活動も続けています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

控訴審の弁護

高知刑務所に行ってきました。

四国の各地方裁判所での判決に不服がある場合には控訴することが出来ます。

その場合は,高松高等裁判所で控訴審の審理が行われます。

高知,松山,徳島から,控訴審の弁護を依頼されることも多いです。

控訴の理由には,「刑が重すぎる」,「実刑ではなく,執行猶予付きの判決にしてほしい」などといった量刑不当とか,「私は事件に関与していない」,「アリバイがある」等の事実を争うものまで様々です。

控訴審では,判決を証拠を詳しく検討した上で,判決の何が不服かといった「控訴理由」を記載した「控訴趣意書」を裁判所に提出するのが,弁護人としての大きな役割のひとつです。

私たちの主張が採用されて,地裁判決が破棄されるようがんばります。

被疑者との面会の役割

今日も、被疑者と面会です。
被疑者の中には,接見禁止決定により,弁護人以外の者とは面会出来ない場合があり,外部と遮断されて,とても不安な気持ちで過ごしています。

事件の弁護だけではなく,面会して家族との連絡をしてあげたり,勇気づけたりして,不安な気持ちを和らげるのも弁護人の仕事のひとつなのです。

講演「男性にとっての男女共同参画」

 

香川県男女共同参画推進講演会で講演をさせていただきました。


「男性にとっての男女共同参画」

講演「クレームに対する初期対応」

四国税理士会高松支部のクレーム対応・危機管理研修会で、税理士の皆様に講演をさせていただきました。

「クレームに対する初期対応」。クレーム処理の具体的な対応について、お話しさせていただきました。

 

講演「遺言書の基礎知識と相続について」

二番丁地区コミュニティ協議会の高齢者教室で、「遺言書の基礎知識と相続」について講演しました。
相続や遺言の話しは、皆さんとても関心が高いようで皆さんとても熱心に聞いてくれました。
地元での講演だったので、同級生のお父様やお母様、担任だった先生、ご近所の方々など、知り合いの皆様が多数参加してくださいました。ありがとうございました。
出来るだけ楽しくわかりやすくお話そろようにこころがけました。

常議員会

2016-04-05 16.29.52

 

香川県 弁護士会館前のサクラも満開です。

本年度第1回目の常議員会がありました。

総会に提出予定の新年度の予算案などについて審議しました。

再度の執行猶予

 再度の執行猶予付きの判決がありました。
 執行猶予中に再び事件を起こしてしまった場合,その事件で再度の執行猶予がつかなければ,前の事件の執行猶予が取り消されてしまい,今回の事件と両方の期間,服役することになります。
た だ,再度の執行猶予が付くのは,懲役(禁錮)1年以下の言い渡がされる場合で,「情状に特に酌量すべきものがあるとき」(刑法25条2項)という厳しい要件があり,前回と同種事件だとほとんど再度の執行猶予は期待できません。今回の事件も前回と同種事案と見られても仕方のない事件でしたので,検察は実刑を求刑していました。
 しかし,裁判官は常習性はなく犯情が重いとまではいえないことや家族が協力し再犯防止の体制が出来ていることなどの弁護側の主張を理解してくれ,再度の執行猶予にしてくれました。
 これで被告人は取りあえず服役せず,もう一度,社会内でやり直すことができます。
 あまり報われないことが多い刑事弁護ですが,やりがいを感じる瞬間です。

四国民事実務研究会

2016-02-25 06.36.29

 

第4回民事実務研究会に参加しました。香川大学四国グローバルセンターが中心となって,年に数回,裁判官・弁護士などの実務家と香川大学教授等が集まって研究会をしています。

昨日も,高松高裁長官,高松地裁所長,その他多数の裁判官,弁護士,香川大学教授,四国ロースクール教授が集まりました。

今回は,香川大学法学部の村田大樹先生が「遺産から生じた果実の遺産分割対象性をめぐる議論-最高裁平成26年12月12日判決がもたらしうる影響-」について報告され,そのあと質疑応答が行われました。

平成26年の判決は,投資信託受益権から相続開始後に生じた収益分配請求権について遺産分割対象性を認めた判決であり,この判決と遺産共有中の不動産から生じた賃料債権について遺産分割対象性を否定した平成17年の最高裁判決との整合性について考察するものでした。

久しぶりにこのような研究会に参加しましたが,村田先生の報告はわかりやすく,また,鋭い視点からの考察もありたいへん勉強になりました。

相続の分野では,個々の事件の解決のためにいろんな法的判断がなされているものの,それが体系的にはにすっきりしないところも多いのです。そしてこのような実務的な判断を学術的視点で考察することは重要なことだと感じましたまた,最高裁の調査官も経験されたことのある高松高裁長官のお話は,たいへん勉強になりました。また,高松地裁所長や他の裁判官のお話も,今後,私が事件処理にあたって参考になることがたくさんありました。

 

クレプトマニア(窃盗症) 講演

2016020601

 

藍里病院副院長の吉田清次医師の講演会がありました。

演題は,「クレプトマニア(窃盗症)~医療と司法はいかに共働すべきか~」

吉田医師には,うちの事務所が担当しているクレプトマニアの事件について意見書を書いていただいたり,証人として出廷していただいたりもしています。

事務所で担当した事件では,高裁で,再度の執行猶予をつけてくれた事件がありますが,なかなか裁判所の理解が得られないこともまだまだあります。

クレプトマニアが病気であり,再犯を予防する最大の方法は,刑務所にいれることではなく,適切な診断を治療であることを,是非,検察官や裁判官にももっと理解してほしいですね。

 

 

高松市PTA連絡協議会 役員新春懇親会

高松市PTA連絡協議会の役員新春懇親会に参加させていただきました。

私は,子どもたちがいた頃には,副会長をさせて頂きました。

現在は,「顧問」をさせていただいています。

今回も久しぶりに当時の懐かしい元役員の方や今の役員の方と,いろんなお話をさせていただきました。

これからも,少しでも役に立てればと思っております。

 

 

二番丁地区体育協会新年会

私が会長をさせていただいている二番丁地区体育協会の新年会でした。

観音寺

朝から観音寺で調停でした。

スタッフが健康診断のために車が使えず、今回は,JRの旅。

電車からはのどかな風景が広がっています。

観音寺駅からは,20分弱のウオーキングで裁判所まで。
調停の後は、丸亀に移動して面会して、また、電車で高松まで戻りました。

 

高松ロータリークラブ例会  日銀高松支店長卓話

2016011401

 

高松ロータリークラブの例会でした。

高松ロータリークラブのメンバーでもある,日銀高松支店長菱川功さんの「最近の金融情勢について」の卓話でした。

香川県の景気は緩やかな回復を続けているそうです。

 
 

鯛づくし 男の料理

 

今日は,天然の鯛を購入して,鯛シャブとあら炊きにしてみました。美味しくできました。

2016-01-11 22.12.30

八栗寺

今日は,八栗寺へ。
行きはケーブルで,帰りは表参道を歩いて降りました。
その後,高松青年会議所同期入会の岡谷さんがやっている「つづみ屋」さんでカレーうどん。おいしかったです。
自宅に戻ってから,ウオーキングで岩清尾八幡宮に行き,それから商店街へ。10.5㎞,15500歩。今日もよく歩きました。

201601110320160111022016011104

高松青年会議所新年会

高松青年会議所の新年会でした。
と言ってもとっくに卒業し、シニアクラブのメンバーとしての参加。久しぶりに懐かしいメンバーにも会えて楽しかったです。
最後に300名近い全員で肩を組んで歌う、若い我ら。壮観な光景ですね。

2016010901

早朝座禅 弘憲寺

今年はじめての弘憲寺での早朝座禅。

寒かったですが,清々しい気持ちになりました。

五穀米入りのお粥の朝食もいただいて。

2016-01-10 07.36.122016-01-10 07.13.05